忍者ブログ
子供達に本が好きになって欲しい、それが私達の 願いです・・・☆

2018-08

メンバー専用・お楽しみ会ブログ
最新CM
[11/11 moimoi]
[09/07 ゆっち]
[07/30 moimoi]
[07/01 moimoi]
[04/27 文庫もみの木の家]
管理人
HN:
sumi
性別:
女性
自己紹介:
絵本好きの仲間が集まって、小学校で読み聞かせをしています。

おはなしのたまてばこへの
メールはこちらから



リンクフリー
相互リンク


「きまぐれロボット」
星新一・文
和田 誠・絵
理論社



「星新一ショートショートコレクション ねらわれた星」
星新一・文
和田 誠・絵
理論社

*この2冊の本は図書室にあります。
もしかしたら、本当にこんなことがおこるかもしれない!意外な結末がおもしろい♪
星新一の世界にどんどんひきこまれていきます。





魔女の宅急便 <角川文庫>
アニメ映画にも舞台にも、実写映画にもなりました。
絵本は、シリーズ化してるようで
絵本の世界観もよいと思います。





怪談えほんシリーズ(1~10)<岩崎書店> 
著名な作者たちと美しい絵で大人でも楽しめます。 
小野不由美『はこ』、宮部みゆき『悪い本』など・・・。 
この夏、家族みんなで怖~い絵本で涼しくなること、うけ合いです!!





「林明子原画展」
みなさんも良く知っている「はじめてのおつかい」「こんとあき」などの絵本をかいた林明子さんの原画展が夏休み中にあります。
絵本の原画やラフスケッチなど約200点を展示しています。
ほのぼの優しい林明子さんの絵本の世界に出かけてみませんか?

・7月19日(木)から7月29日(日)
・東京、松屋銀座(03・3567・1211)8階イベントスクエア
・10時から20時(22日は19:30、27日は20:30、29日は17:00まで)会期中無休
・一般1000円、高校生700円、中学生500円、小学生300円

PR




1月25日~27日、白井第二小学校地区内の有志が集まって、お祭りをします。
おはなしのたまてばこは27日に、紙芝居&ちょっとだけ人形劇で参加します。
だだいま準備中! よかったら遊びに来て下さ~い ♪♪

去年の夏頃から和装にはまっています。
そのうち慣れたら読み聞かせに着物を着ていこうと思っていたんですが、やっと思い切りました(^^;)
前回単衣の着物で、そして今日は初めての夏着物を着ていきました。





今日は1年生のクラス。
教室に入ったとたん、みんなびっくりしたような顔・・・。
そしたら、「今日は七夕だからでしょ~」って声が!
とくに七夕を意識したわけではなかったんですが、いいタイミングだったかな(^^;)

最近では普段の生活の中でなかなか着物姿を見ることはないですよね。
子供たちにとっても珍しいいんだろうなと思います。
昔はイベント時だけではなく普段にも着ていたんだよ~!
日本の伝統文化である着物、大きくなったら私も着物を着たいって子が現れてくれたら嬉しいな。
いつか、そういえば、小学校のとき読み聞かせのおばさんが着物着てたよね~、なんて思い出してくれるかもね~(^^)





すでに1ヶ月以上もたってしまいましたが、9月22日に行われたきらりフェスタの模様です。
正面玄関には来場者の皆さん、スタッフのみなさんの写真で作った写真アートが飾られていました。
沢山の人出でもうすぐ完成~ってところです!

おはなしのたまてばこでは人形劇『ばばばあちゃんのすいかのたね』で参加しました。
今回の前フリは、ばばばあちゃんとお客様との種当てクイズ。
桃、栗、柿、ここまで順調に当てていただければ、もう次のスイカは楽勝~♪ってとこですね!
子供たちの元気な答えがいっぱい届いていましたよ(^^)


こちらは公演後の人形解放の様子です↓
みんな舞台で自分のストーリーでばばばあちゃんを演じています。





来年もこんな子供たちの笑顔が見られると嬉しいです~emoji


今回は私たちが作った大型紙芝居も展示しました。
人気の『ねぎぼうずのあさたろう』と『アレクサンダとぜんまいねずみ』です。
おもに学区内で使っていたものですが、何度か貸出もしましたので、ご覧になった方もいらしたかもしれませんね。





今年も小学校の図書祭りに向けて、がんばって手作りしています。
今年は切り絵で作っています。
みなさん、どうぞお楽しみに~♪

魔女のこねこゴブリーノ (世界傑作童話シリーズ) アーシュラ ウィリアムズ<福音館書店>

先日この物語を5年生に紹介しました。
自分で読んで気に入った本はなるべく子供達に紹介していこうと思います。

私がこの本を気に入ったのは、この黒猫のゴブリーノが「魔女の宅急便」の黒猫ジジとリンクしちゃったこと!
もっともゴブリーノはしっかり魔女猫の血を引いているにもかかわらず、魔女猫になりたくな~い!と思っていて、魔女猫母さんや兄妹から見捨てられちゃったんですけどね。

ゴブリーノは人間の家族と仲良く暮らす台所猫になりたかったんです。
というわけでゴブリーノは自分を受け入れてくれる家族を探しに旅にでます。

でも、なかなかうまくいきません!
だって、魔女猫の血を引いているため、普通の猫とはちょっと違うんですもの。

暖かい家庭が欲しい!平和で心安らぐ居心地のいい自分の場所が欲しい!って、ゴブリーノだけではなく、人間の誰にでも持っている気持ちですよね。

小さな子達だって、きっとそういう居場所はぜったい必要だよね。
優しい気持ちに包まれていたい・・・ゴブリーノの気持ちはきっとわかってくれると思うな・・・。

読み物の本棚
★リンク募集中!
当サイトにリンクを貼りませんか? 詳しくはカテゴリー・リンクをご覧ください。
フリーエリア
検索サイト
にほんブログ村 子育てブログへ

人気ブログランキングへ

ブログ登録・検索 Blog Entry
バーコード
忍者ブログ [PR]
by 桜花素材サイト様. . . .